SCCJ Head banner

2011年3月22日 会告110322-1

日本コンピュータ化学会 会員各位

東日本大震災への対応について


日本コンピュータ化学会



  日本コンピュータ化学会会員の皆様,平素より大変お世話になっております.

  この度の東日本大震災で亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに,被災された皆様と御家族の方々に心からお見舞い申し上げます.また,本会会員にも被災された方がいらっしゃるかと存じます.混乱の続く中,現時点で本会として個別の安否確認は行いませんが,落ち着かれましたら事務局まで御一報くださいませ.

  皆様御存知のとおり,2011年(平成23年)3月11日14時46分,三陸沖を震源地とするマグニチュード9.0もの巨大地震が発生してから10日余りが経ちましたが、それ以降続く余震や福島原発の事故など予断を許さない未だ深刻な状況にあります.こうしたこれまでに経験したことのない大きな戸惑いの中で,我々は力を合わせてこの難局を乗り越え,元気を取り戻していかなければなりません.

  日本コンピュータ化学会は被災地域にある大学や研究所への支援活動にできる限り協力していく所存です.本会に『できること』については,今後会員の皆様と考えていくことになりますが,まずは6月15〜17日の2011春季年会&10周年記念シンポジウムを被災地の復興に向けた取り組みの一つとして位置づけ,会場となる東京工業大学の施設が使用できる限り,予定通り開催いたします.また,発表申込などの期日を見直すとともに,以前から準備していた学生や若手研究者向け奨学助成や年会参加費の取り扱いなどを再検討し,下記のとおり実施いたします.

  被災者と被災地域の平穏な日々が一日でも早く取り戻されることができますよう心からお祈り申しあげます.



  1. SCCJ2011春季年会&10周年記念シンポジウムの発表申込について

        SCCJ2011春季年会の発表申込の締切りを4月15日(金)まで延長します.また,それ以後であっても,被災地域からの申し込みについては可能な限り配慮させていただきますので,事務局まで御連絡ください.

  2. 発表要旨の投稿とデータ形式について

        被災地域では学会発表資料などの取りまとめや発表要旨の作成が困難なことと思いますので,発表要旨の締切りを5月13日(金)まで延長します.また,要旨データの形式をPDFとしておりますが,WORD形式やGoogleドキュメントで作成されたデータも受け付けます.送付方法は従来のWeb投稿フォームだけでなく,メール添付やファイル共有など柔軟に対応できます,事務局まで御連絡ください.

  3. 10周年記念SCCJ奨学金について

        アナウンスが遅れていましたが,日本コンピュータ化学会では,主に地方大学から春季年会に参加し発表される学生や若手研究者を対象に,SCCJ奨学金を贈呈することにしております.この度の震災を鑑み,被災者や被災地域からの応募に関しては特別に配慮させていただきます.奨学金助成の応募詳細は別紙にてお知らせいたします.

  4. 企業展示会について

        例年のSCCJ春季年会は企業展示の御協力によって円滑な運営ができており,出展いただいた民間企業の皆様には大変感謝いたしております.今年の2011春季年会&10周年記念シンポジウムでは,企業展示の収益の一部を義援金としてお預かりし,被災地域にある大学への支援活動,または寄付金(日本赤十字など)として活用することを検討いたしております.御協力いただけますようよろしくお願い申し上げます.

  5. 参加申込の事前登録と当日登録について

        参加申し込みの事前登録の締切りを5月13日(金)まで延長します.ただし,被災地域からの参加申込については,それ以降も配慮させていただきますので,事務局までお知らせください.尚,参加費の一部を義援金としてお預かりし,被災地域にある大学への支援活動,または寄付金(日本赤十字など)として活用することを検討いたしております.御協力いただけますようよろしくお願い申し上げます.

 尚,このページに関する御意見や御質問,特に本会に『できること』について御提案などありましたら,本会HPのお問い合せフォームよりお寄せください.