MOPACによるオゾンクラスター(O6・O9)の検証

村井 昭a*, 中島 剛b, 田原 徳夫c

a関西電力株式会社 総合技術研究所 エネルギー利用技術研究所 商品開発研究室,
〒661-0974 尼崎市若王寺3丁目11番20号
b信州大学 工学部 物質工学科, 〒380-8553 長野市若里4丁目17番1号
c信州大学 工学部 電気電子工学科, 〒380-8553 長野市若里4丁目17番1号

(Received: January 7, 2002; Accepted for publication: August 29, 2002; Published on Web: November 15, 2002)

  シリカゲルにオゾンを吸着させた後、酸素を供給してオゾンを取り出すと、その中にオゾンクラスター(O6・O9)が含まれていると思われる現象が見られた。MOPAC等による計算機シミュレーションの結果から、これらのオゾンクラスターがエネルギー的に存在しうる可能性を指摘した。さらに、これらオゾンクラスターとフロンガスとの比重差による分離およびGC/MSを用いた質量分析により、この可能性の検証を試みた。

キーワード: オゾン, オゾンクラスター, オゾン貯蔵, 結合エネルギー, MOPAC


Abstract in English

Text in Japanese

PDF file(659kB)


Return