組み合わせ化学のグラフ的モデル化

藤田 眞作a*, Sherif EL-BASILb

a京都工芸繊維大学工芸学部物質工学科, 〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎御所海道町
bFaculty of Pharmacy, Kasr El-Aini Street, Cairo, Egypt 11562

(Received: April 5, 2004; Accepted for publication: June 25, 2004; Published on Web: August 5, 2004)

  藤田の開発した剰余類代数理論 (Shinsaku Fujita, Symmetry and Combinatorial Enumeration in Chemistry, Springer-Verlag, Berlin Heidelbelg (1991))を着色グラフを用いて研究し,剰余類表現,マーク,指標,および群減縮をグラフ的にモデル化した.

キーワード: グラフ的モデル, 剰余類表現, マーク, 指標, 群減縮


Abstract in English

Text in English

PDF file(154kB)


Return