技術論文

トポロジカル共鳴エネルギー計算プログラムのExcel/VBAへの移植とダイオキシン毒性予測への応用

大前 貴之

山口県立大学 生活科学部 生活環境学科, 〒753-8502 山口市桜畠3−2−1

(Received: July 8, 2004; Accepted for publication: September 6, 2004; Published on Web: November 19, 2004)

  トポロジカル共鳴エネルギーを計算するBASICプログラムをExcel/VBAに移植した.Excelのワークシートを用いてデータの入出力が行えるようにするために,プログラムの一部を追加・修正した.移植したプログラムを用いて,ダイオキシンの各種異性体のトポロジカル共鳴エネルギーを計算した.トポロジカル共鳴エネルギーの値とダイオキシン異性体の生物活性に関するデータの比較から,トポロジカル共鳴エネルギーがダイオキシンの急性毒性の強弱を予測する際に利用可能であることが示唆された.

キーワード: トポロジカル共鳴エネルギー, Excel/VBA, ダイオキシン, LD50-30, 酵素誘導能, TEF


Abstract in English

Text in Japanese

PDF file(97kB)


Return