FVMO法による1s型Gauss型関数系のみを用いた分子軌道法の可能性

笹金 光徳

高千穂大学経営学部, 〒168-8508 東京都杉並区大宮2-19-1

(Received: August 11, 2009; Accepted for publication: October 2, 2009)

故 森 和英 先生に奉げる

  本論文では,森らの開発したFVMO法による分子軌道法のプログラムであるGAMERAにROHFのパートやC2vの対称性を考慮したコードを付け加えた筆者が,1999年に試行したまま未発表になっている水素原子の2p軌道や3d軌道を1s型Gauss型関数系(GTFs)だけで表現することを試みた結果について,報告する.試行の結果,水素原子の2p軌道を記述するために,空間的に反対称化されるよう2つ1s型GTFの組みを作ることによって,同数の2p型GTFによる展開と若干値が高いもののほぼ同等のエネルギーが得られることが分かった(Table 2).また,そのとき最適化された軌道指数はすべての場合において,同数の2p型GTF展開による最適値に十分近くわずかに大きな値であった(Table 3).一方,3d軌道に対しては,現状のプログラムでは正確な解析はできなかったが,やはり1s型GTF4つを1組にすることによって,同様の結果が得られる可能性があることを確かめた.水素原子の2p軌道や3d軌道が1s型GTFだけでうまく表現できるということは,FVMO法を用いれば究極的には1s型GTFだけでも通常の分子の計算が可能であることを示唆している.1s型GTFの基底関数だけを用いた分子軌道プログラムの開発にあたっては,それが可能か,優位性はあるか,問題点はないか,といったことを十分吟味しなくてはならないが,本報告では,このあたりについては深く言及しない.

キーワード: FVMO法, 軌道指数と中心位置の同時最適化, Gauss型関数(GTF), 水素原子, 1s型GTF


Abstract in English

Text in Japanese(HTML)

PDF file on J-STAGE


Return